私は脚のお手入れのために着圧レギンスをはいています。その着圧レギンスの機能には骨盤矯正も付いています。

そのほかにも、テーピング理論を応用して正しい立ち姿勢・歩き方が出来るように部分的に着圧に強弱が付けられています。

はいてみると膝周りや骨盤周りにテーピングで引っ張られる感覚がありました。見た目には普通のレギンスです。

この着圧レギンスをはくようになった理由は、脚が太いというコンプレックスがあったからです。昔から下半身が太りやすく、ダイエットをしても上半身はがりが痩せてしまいます。

また、脚はむくみやすく、血流の悪さを実感していました。下半身が太くなってしまうのは、姿勢の悪さや身体全体の血流の悪さにあると思いました。

なので、着圧レギンスをはいて過ごすことで、少しでも症状が改善されれば良いなと思い試してみることにしました。

実際に試してみると、最初のうちは慣れませんでしたが、しばらく使い続けると正しい姿勢を意識して持続出来るようになりました。

それまでは、正しい姿勢が分かってもそれを持続する筋力がありませんでした。

今回は、お腹・骨盤周りまでしっかりと丈があるレギンスだったので、腹圧もあがり力を入れやすくなったのだと思います。